赤ちゃんを抱く家族

事故のリスクを減らす

葉酸の不足が与える影響とは

よく、妊娠すると不足しがちになるといわれている栄養素の中に葉酸という成分が挙げられています。この葉酸という成分、所謂ビタミンの一種なのですが、胎児の脳の神経、細胞を作るのに欠かせない成分としても知られています。妊娠中、特に胎児の脳細胞、神経が生成されている段階でこの葉酸は不足しがちになり、場合によっては胎児の成長、母体にも影響が出てくることがあるので注意が必要です。 では具体的に、母体には葉酸が不足することでどのような影響が出てくるのでしょうか。これには個人差があるので一概には言えませんが、よく症状としてあげられるのが立ちくらみやめまいといった症状です。一見ごくごくありふれた症状のように思われるかもしれませんが、妊婦にとってのこれらの症状は下手をすると怪我の元、時には胎児にまで影響が及ぶ可能性もあるためあながちバカにはできないのです。

具体的な対策について

では、それらの症状を防ぐため、胎児の成長の妨げにならないようにするためには一体どうすればいいのでしょうか。一般的に不足しがちな栄養素は食事の管理によって補っていくのがベストだといわれていますが、葉酸のように大量に摂取することが難しい栄養素の場合は妊娠時でも飲むことができるサプリメントを服用するのがおすすめです。 サプリメントであれば、より効率的に必要な栄養素を体内に取り入れることができますし、無駄がありません。妊娠時にでも飲めるサプリメントの中にはお菓子感覚でより手軽に摂取できるというものもあるので、つわりがひどいという人にも比較的おすすめです。普通の食事のように好き嫌いが分かれることもまずないので、気になる人は一度試してみてはどうでしょうか。