赤ちゃんを抱く家族

必要となる葉酸

葉酸はいつから採ればいいのか

葉酸は妊婦を経験した人なら慣れ親しんだ栄養素ですが、妊娠する前にはあまり積極的に摂取する機会はないかもしれません。 葉酸は妊娠初期において、胎児の脳や神経の成長を助ける、大切な栄養素です。また、神経管欠損と言われる先天異常のリスクを軽減することもできると言われています。 ではいつ頃から葉酸を摂取するのがベストなのでしょうか。 葉酸をもっとも必要とする時期は、妊娠3か月までの初期となります。しかし、妊娠が分かり、産婦人科に通い出し、葉酸の摂取を理解する頃には3か月を超えてしまっているということも珍しくありません。 初期までに必要な葉酸をきちんと補えるかというと、なかなか難しいというのが実際のところです。

普段から心がけて摂取しましょう

葉酸の不足で赤ちゃんに影響が出ないよう、妊婦となる前からきちんと摂取しておくのが良いでしょう。 葉酸をたくさん含む食品としては以下のものなどが上げられます。 アスパラガス、枝豆、いちご、鳥レバーなど、普段から手に入りやすく、食べる機会の多い食品もたくさんあります。少し気にするだけで、簡単に摂取することはできるでしょう。 仮に食品からの摂取が面倒であったり、忘れてしまいそうなときは、サプリメントがおススメです。 薬局などで容易に購入できますので、手間をかけずに補うことができるでしょう。 大切なのは、普段から摂取しておくこと。妊娠が分かって初めて補うのでは間に合わないこともあるでしょう。 妊娠を考え出したらまず葉酸。合い言葉として覚えておきましょう。